ビジネスインパクト創出までを並走する

AI&IoT技術導入アドバイザリー

データ戦略でビジネス課題を「解く」ためのアプローチ

実現したいことはあるが、具体的な方法が分からない。

AIベンチャーや研究機関に相談したが、同じ目線で議論ができなかった。

試行錯誤のプロセスに伴走してくれる専門家が、社内にも社外にもいない。


事業会社が、AI&IoTを始めとするデータ分析技術を

新しく導入する上で、こうした悩みに直面します。


データ分析技術が飛躍的に変化している中で、

最新の技術動向を理解しながら、ビジネスの成果に繋がる活用方法を検証する。


そのためには、技術動向を踏まえた適切なゴール設定と、

適切な専門知識・技術を持った専門家を束ね、
プロジェクトを
結果までリードする
「ディレクション機能」が必要です。


DataStrategyの技術導入アドバイザリーは、弊社の専門家チームが

事業会社の拡張プロジェクトメンバーとして参加することにより

ディレクション機能を提供、ビジネス成果の達成までを並走します。

データをツールとして

AI&IoT時代のビジネスを成長させる

DataStrategy Clients

業種業態を問わず、大手企業を始めとして様々な企業にご利用いただいています

DataStrategyが提供する

AI&IoT技術導入アドバイザリーの特徴

どんなに高い理想を掲げても、最初は現実的な挑戦からプロジェクトを開始する必要があります。技術的な実現可能性を踏まえて、現実的かつ挑戦的な進め方を提供します。

新しい取り組みであればあるほど、データがない場合も多いです。既存データの活用だけでなく、新規データの取得・蓄積方法も検討します。

高い目標実現のために
現実的なスタートを切る

データがあれば利用する
なければ取得する

社外リソースが必要な場合は、ベストなチームメンバーを選定します。弊社は特定のソリューションを提供しないため、あくまで中立的な立場からチームを組成することが可能です。

私たちが一番重視することは、報告書の作成や技術の高度さではなく、実際の「結果」です。最も効率よくビジネスインパクトにたどり着ける方法で、プロジェクトをリードします。

チームがあれば支える
いなければ連れてくる

絵を描く以上に
結果が出るまでを並走する

クライアントの声

  • 大手AIベンダーと相談していたが、提案内容と費用に違和感があった。DataStrategyとのプロジェクトでは、現実的に出来ることを効率的に実行することができ、短い期間でテストユーザーの声まで集められたことが、経営トップも含めて社内で評価されている。「次はこういうこともできないか?」という相談も社内の他の事業部から相次いでいる。(大手事業会社)

  • 打ち合わせの中で「こういう技術なら実現できるのではないか?」と説明があり、実現のイメージが具体的になり次に進むことができた。他社の場合は商品の説明で良いことだけ言われたり、カッコ良い動画があったりするが、仕組みが分からないので、具体的な技術を交えながらご説明いただけたのが良かった。(大手ITソリューション)

  • 研究機関との連携を模索していたが、年単位での計画を提案されておりスピード感に違和感があった。DataStrategyに相談したところ、適切な外部エンジニアと連携すれば2週間程度で初期検証ができることが分かり、判断材料や選択肢が一気に広がった。モデル精度の向上といった技術要件ではなく、私たちが解決したいイシューにコミットしてくれたのが良かった。(大手事業会社)


アドバイザリーサービスの進め方

事前プランニング

これまでの検討経緯や
ビジネス課題をお伺いした上で、
最も効率的な技術導入の
戦略オプションを検討します

最適チーム組成

技術課題に合ったチームを

社内外を含めて選定し

最適チームを組成、

ディレクションを行います

実際の開発・運用結果を踏まえ
分析と改善施策の立案・実行を通じ
成果に繋がるまでを伴走します

開発・運用改善

2

3

1

従来型の「コンサルティング」スタイルとは異なり、
弊社の専門家が貴社の「拡張メンバー」として
プロジェクトに合流。定例ミーティングを通じて

技術導入による成果が得られるまでを一気通貫して伴走します。

他社サービスとの違い

ITコンサルティング/

SIer

弊社の場合

大学・研究機関

他社の場合

AIベンチャー/

AIソリューションベンダー

IT導入が収益の柱のため大規模なシステム導入提案になりがち

成果を重視するため小規模な
スタートから始めることが可能

自社エンジニアの稼働や自社サービスの販売のための提案になりがち

特定のソリューションを持たないため
中立的にベストなチーム組成が可能

スピード感や価値観がビジネスサイドと一致しないことも多い

先端の技術動向を理解し、ビジネス経験も豊富な専門家が担当

成果にフォーカスし、中立的な立場から
導入方法をプランニングするため、
最も成果にたどり着きやすい
戦略オプションの導出と実行が可能です

TEAM

AI&IoT導入やデータ分析の
専門家が担当

武田 元彦

代表取締役CEO

東京大学大学院修了(経済学修士)。

株式会社三菱総合研究所、NPO団体、フリーランスを経て現職。フリーのデータサイエンティストとしての経験を活かし、新規事業開発や業務自動化、データ駆動型マーケティングのためのAI・IoT技術導入をディレクションするDataStrategy株式会社を創業、通信・建設・教育・公的研究機関など大手企業とのプロジェクトをリード。

帝京大学非常勤講師(マーケティングサイエンス・情報処理)、ナレッジ・マーチャントワークス株式会社社外取締役(データサイエンス担当)



竹中 野歩

取締役 CMO

慶應義塾大学環境情報学部卒。

Procter & Gamble (神戸・シンガポール) Brand Manager, QUANTUM Inc. Marketing Director (東京・シリコンバレー)を経て現職。一貫して10年間マーケティングを担当。洗濯洗剤等の消費財から先端テクノロジーを用いたIoTプラットフォーム・機械学習まで幅広く、コンセプト開発からマーケティング視点を取り入れた製品開発、事業の成長にフォーカスしたテレビCM・デジタル・オフライン店舗・戦略PR等の統合マーケティングを行う。

九州大学大学院 学術研究員。

DataScience Manager

渡邉 孝文

大阪大学大学院情報科学研究科情報ネットワーク学専攻卒。大学では無線 LAN や バイナリセンサを利用した人物追跡の研究を行う。

通信キャリアの研究所でセンサデータを利用した行動認識技術の研究や大規模データ処理基盤構築、機械学習をはじめとするデータマイニング技術の研究開発に携わる。その後事業部、Web系企業にて、大規模データの分析、分析結果に基づく施策、立案などに従事する。


専門分野: 機械学習、深層学習、データマイニング、行動認識技術、技術開発全般。

初回相談は無料です

プロジェクトの期間や難易度によって進め方が異なります。
他社事例も踏まえた進め方をご相談いただけます。

まずは初回相談をお申し込みください。費用は無料です。

(Zoomでのオンラインミーティングになります)

法人概要

法人名称: DataStrategy株式会社


所在地: 

(本社) 東京都港区青山2-2-15 ウィン青山UCF917号

(WeWork拠点) 東京都豊島区西池袋1−11−1 
メトロポリタンプラザ14F WeWork


設立: 2016年5月


代表取締役: 武田 元彦

Copyright © 2020 DataStrategy Inc. All rights reserved.